1966-1967 東宝特撮姉妹篇『東映動画「キングコング」の世界



なぜ?…東宝特撮姉妹編なのか?…。


東宝創立35周年記念映画『キングコングの逆襲』の姉妹作品と云えるのが『The King Kong Show’s Animated Series.』
〜♪ウッホ ウホウホ ウッホッホ〜 ウッホ ウホウホ ウッホッホ〜
   大きな山をひとまたぎ キングコングがやってくる こわくなんかないんだよ キングコングは友達さ♪〜

小林亜星/作詞・作曲による日本語版主題歌で放送当時、たちまち子供たちを虜にした伝説のテレビ漫画「キングコング」。
アメリカのTV放送用に日本で製作された最初のネットワーク・アニメーション番組です。
東宝版『キングコングの逆襲』でおなじみの米/ランキン=バス・プロダクションによる原作-KINGKONG ESCAPES-を基に
米/ビデオクラフト・インターナショナルと東映動画が製作した日米合作アニメであります。
アメリカでは、パイロット版「SPECIAL」1966.09.06&1966.09.10〜米三大ネットワークTV局のABCで放映。
(米題『KING of The World: THE KING KONG SHOW』)


アメリカのランキン=バス・プロダクションとは…。

映画プロデューサーのアーサー・ランキン・ジュニアと映画監督のジュールス・バスによる映画製作プロダクション。
日本の東宝特撮マニアの間では、東宝へ共同製作を仕掛けたアメリカのプロダクションとして知られています。

1966『ロビンソンクルーソー作戦 キングコング対エビラ(未製作)』
1967『キングコングの逆襲(米題:KINGKONG ESCAPES)』など…。

1966年の東映動画と米/ビデオクラフト・インターナショナルによる日米合作アニメの影の仕掛け人であり
同時に東宝へ日米合作映画製作を持ち掛けたのが…アーサー・ランキン・ジュニアなのです。
東宝と東映動画へ持ち込まれた原作(原案プロット)は、同じものでランキン=バス・プロの脚本家/ウィリアム・J・キーナンによる
『KINGKONG ESCAPES』をベースに劇場用特撮映画とTV用アニメが製作されたのです。


東宝版『キングコングの逆襲』と東映動画版『キングコング』…
…なぜか?同じ香りがする理由…。

 
東映動画版キングコングの逆襲/エピソードNo.2「さらわれたキングコング」より― ドクターフーにさらわれたキングコング…。


 
東宝版『キングコングの逆襲』/ドクターフーにさらわれたキングコング…。
―1967「週刊 少年マガジン」表紙より―講談社刊 昭和42年7月23日発行 定価60円


東宝特撮映画『キングコングの逆襲』の姉妹作品と解説しましたが、そもそも同一プロットですので…
…東映動画版『キングコング』のエピソードには、かなり東宝特撮の香りがするのです。
有名な1967『キングコングの逆襲』東宝版メカニコングの原型が登場する第11話『ロボット・コング』&第48話『武器は錨だ』。
1966東宝NG台本『ロビンソンクルーソー作戦 キングコング対エビラ』よりキングコング対大コンドルの元ネタである
第41話『キングコング対大鷲』。同NG台本のキングコングからゴジラへ主役変更になり製作された
1966『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』では「ゴジラ対大コンドル」の闘いが登場します。
1969『緯度0大作戦』に登場する「合成怪獣グリフォン」と同様の怪物が登場する第39話『大怪物パリを襲う』など…。
あの…誤解されると困りますが…
…日米合作『緯度0大作戦』は、米/ドン・シャーププロダクションですのでランキン=バス・プロとは無縁なのですが…。

ローランド・エメリッヒ監督によるハリウッド版『GODZILLA』ではなく、
当初予定されていたテッド・エリオット&テリー・ロッシオによるNG版脚本(ヤン・デ・ボン監督版)では
「ゴジラが遺伝子操作により誕生した合成怪獣グリフォンとニューヨークで激突する」ストーリーだったのです。
ハリウッド版『GODZILLA』にストーリー原案としてクレジットされたテッド・エリオット&テリー・ロッシオ…
…かつて米3大ネットワークABCで放映されていたアニメ『キングコング』のファンだったのか?…。
第39話『大怪獣パリを襲う』では、パリを舞台に「キングコング対グリフォン」の激突が描かれるが…NG版『GODZILLA』では…
ニューヨークを舞台に「ゴジラ対グリフォン」の激突を再現したかったのではないだろうか?…。
二人に聞いたわけではないが…意識していなくても…ビジュアルとして無意識に刷り込まれた記憶と云うものは…
いつどのようなカタチで甦っても不思議ではない…。
(いやぁ〜僕の妄想癖も…ワールドワイドでありますなぁ…。いやいや…お恥ずかしい…。)

何れにしても…東宝特撮エッセンスがたっぷりのアニメ『キングコング』。
東宝特撮マニアとして一度は観て置かなければいけない…かなりヤバイ…アニメーションなのです。


東映動画版『キングコング』とは?…。

  
ロボット・コング/エピソードNo.13「にせものコングあらわる」より―  ドクターフー北極基地/エピソードNo.11「大洪水の謎」より―


アニメ版では、南海の孤島・モンド島に棲むキングコングと少年ボビィの友情を軸にキングコングを生け捕りにして悪用しようと
暗躍する世界征服を企む天才科学者ドクター・フーとの戦いを描いた作品。ですから…東宝版『キングコングの逆襲』に登場する
ドクター・フーの掘削作業用ロボット「メカニコング」が、東映動画版ではフー博士の-にせものコング-「ロボット・コング」として登場。
さらに…東宝版では国連の潜水調査艇へ乗船する看護婦の設定としてスーザン(リンダ・ミラー)が登場しますが、
アニメ版の設定ではボビィ少年の姉として登場しています。ボビィとスーザンの父親として登場するのが、ボンド教授。
(ボンド教授…東宝版には登場しないキャラクター。しかしアメリカ政府・国連関連の調査研究をしているらしい。)
製作時期を考えてもランキン=バス・プロによる原案は東宝版よりも東映動画版の方が基本設定であると考えるべきでしょう…。
国内での初登場は1966.12.31(大晦日・土)20:00〜21:00の60分特別番組『世界の王者 キングコング大会』。
本放送は1967.04.05(水)よりNET(テレビ朝日)系列全国ネットで放映開始!毎週水曜日19:30〜20:00の30分番組で
『キングコング』2話分と『00 1/7 親指トム(ゼロゼロななぶんのいち親指トム)』1話分の3話放送による番組構成でした。
(1話・6分10秒作品の3本立て、前半『キングコング』中盤『親指トム』後半『キングコング』の当時としては特殊な番組編成でした。
ある意味、画期的な番組構成とも云うべきか…ですからメインプログラムは『キングコング』で、『00 1/7 親指トム』はオマケ扱い。


オマケにしては面白過ぎるぞ!『00 1/7 親ゆびトム』の巻…。

  
1966 色彩TV漫画映画【親ゆびトム】日本語版AR台本より―


 
1966 色彩TV漫画映画【親ゆびトム】日本語版台本より―


でも…『親指トム』もなかなかどうして!『実に…面白い。(by 湯川学-ガリレオ-)』。)
さて、アニメ版『キングコング』は全26回放送の為か全26話と誤解されていますが番組内では2話放送されており
ストーリー的には全52話となります。(前後篇2話を含むので正確には全50話と云うべきでしょうか…。)



詳細は…『東映動画番外編【00 1/7 親ゆびトム】の巻』にて!!

Wed, 28 January 2009

サミア・ジャイガンタス・コング…。

スフィンクス・ロボット/エピソードNo.9「スフィンクスの恐怖」より―


キングコングの本当の名前を皆さんご存知だろうか?…。
彼の本当の名は…『サミア・ジャイガンタス・コング』。『人を助けたコング』…と云う意味。
…ボンド教授がスーザンと共にモンド島の洞窟で発見した文字を解読して判ったのである…。
1966「世界の王者 キングコング大会」放映時の(パイロット版)エピソードより。


ボンド教授がモンド島へ来た理由?…それは…○○…。


南海の孤島・モンド島へなぜ?ボンド・ファミリーがやって来たのか?…。
南海の孤島に伝説のコングを探しに来た…のではなく…ボンド教授の本当の目的は…『苔(コケ)』の研究だった。
モンド島に自生しているコケの調査研究の為にボビィとスーザンと共にやって来たと云うワケ。
…ボンド・ファミリーは手分けして苔を探し求めて無人島を探索中に偶然、ボビィがコングと出会って仲良くなったのである。
1966「世界の王者 キングコング大会」放映時の(パイロット版)エピソードより。


『モンド島』とは?…どんな島なのか?…。

水先案内人のイーグルホン船長の話によると『…コングと云う伝説の巨大な動物が棲む島であり…その迷信のために人が
寄り付かない無人島であるらしい…。』…しかし…ボンド教授とスーザンがモンド島の洞窟で発見した古代文字を解読した結果、
コングの本当の名が『サミア・ジャイガンタス・コング』と判った事から、かつては人と動物が共存していた島だったのである…。
モンド島は、原始林の生茂る活火山のある孤島で、キングコングの他…ヨロイ鼠、翼竜、剣竜、火吹き大トカゲ、大鷲、大ダコなど
巨大生物の棲む島でもある。…なぜ?巨大生物が棲んでいるのか?…ボンド教授の研究目的である…モンド島に自生する
『苔(コケ)』に秘密がありそうだ…。残念ながらその秘密については語られていない。
1966「世界の王者 キングコング大会」放映時の(パイロット版)エピソードより。


東映動画版『キングコング』唯一の資料本がこれだ!

 

1967 朝日ソノラマ刊【キングコング】表紙・裏表紙より-キングコングに襲われるドクターフーとその一味たち。
朝日ソノラマ刊 昭和42年4月15日発行 定価390円
ロボットコングが登場する迫力ドラマソノシート付き
東映動画「キングコング」より―漫画3篇収録―『収録題名』
『にせものコングあらわる』(第6回放送:第11話「ロボット・コング」より)
『キングコングの逆襲』(第8回放送:第16話「ドクター・フーの陰謀」より)
『霧の中の怪竜』(第23回放送:第45話「霧の中の怪竜」より)


色彩TV漫画映画/キングコング【放映リスト】

1966.12.31 特別番組-パイロット版-放送『世界の王者 キングコング大会』

1967.04.05 第1回放送:第1話『アフリカ蜂の襲来』 第2話『さらわれたキングコング』
1967.04.19 第2回放送:第3話『ロケット島の陰謀』 第4話『謎の火山帝国』
1967.04.26 第3回放送:第5話『レーザー銃の恐怖』 第6話『空飛ぶ円盤現わる』
1967.05.03 第4回放送:第7話『海底探検』 第8話『モンド島の危機』
1967.05.10 第5回放送:第9話『スフィンクスの恐怖』 第10話『ボビーのあやまち』
1967.05.17 第6回放送:第11話『ロボット・コング』 第12話『恐怖の反射鏡』
1967.05.24 第7回放送:第13話『大洪水の謎』 第14話『黄金の神殿』
1967.05.31 第8回放送:第15話『原子電流の罠』 第16話『ドクター・フーの陰謀』
1967.06.07 第9回放送:第17話『恐怖の探検旅行』 第18話『よみがえった虎』
1967.06.14 第10回放送:第19話『巨大なナマケモノ』 第20話『砂漠の盗賊』
1967.06.21 第11回放送:第21話『怪人どくろ博士』 第22話『雪男の謎』
1967.06.28 第12回放送:第23話『ネス湖の怪物』 第24話『コングの音楽会』
1967.07.05 第13回放送:第25話『潜水艦を救助せよ』 第26話『大根役者のコング』
1967.07.12 第14回放送:第27話『魔術大王の罠』 第28話『危険なイルカ』
1967.07.19 第15回放送:第29話『トロイの木馬』 第30話『消えたボンド教授』
1967.07.26 第16回放送:第31話『カリブ海の叛乱』 第32話『海底のミサイルを探せ』
1967.08.02 第17回放送:第33話『謎の太陽黒点』 第34話『ジャングルのまい子』
1967.08.09 第18回放送:第35話『夢に見た巨人』 第36話『キャプテン・コング』
1967.08.16 第19回放送:第37話『アマゾンの自由の女神』 第38話『パンドラの箱』
1967.08.23 第20回放送:第39話『大怪物パリを襲う』 第40話『砂漠の黄金都市』
1967.08.30 第21回放送:第41話『キングコング対大鷲』 第42話『南国の陰謀』
1967.09.06 第22回放送:第43話『死を呼ぶ迷路』 第44話『一つ目の巨人』
1967.09.13 第23回放送:第45話『霧の中の怪竜』 第46話『白い巨鯨』
1967.09.20 第24回放送:第47話『キングコングのダイヤモンド』 第48話『武器は錨だ』
(00 1/7 親指トムは全24話の為この放送にて終了。)
1967.09.27 第25回放送:第49話『僕らのキングコング(前編)』 第50話『僕らのキングコング(後編)』※
1967.10.04 第26回放送:第51話『ニューヨークのキングコング(前編)』 第52話『ニューヨークのキングコング(後編)』※
(※1966大晦日放送・60分特別番組「世界の王者 キングコング大会」と同じ。パイロット版1話・約12分/前後篇・約24分)

色彩TV漫画映画/キングコング【日米STAFF&CAST】

製作:ビデオクラフト・インターナショナル(米/ランキン=バス・プロダクション)&東映動画
製作総指揮/アーサー・ランキン・Jr.,ジュールス・バス 共同制作/ラリー・レーマー
プロデューサー(米国)/ウィリアム・J・キーナン
アニメーション制作(日本/東映動画)/簱野義文(旗野義文) プロデューサー(日本)/原 徹、山梨 稔
原作(原案プロット)/ウィリアム・J・キーナン『KINGKONG ESCAPES』(ランキン=バス・プロ)
脚本/Lew Lewis(ルー・ルイス), Bernard Cowan(バーナード・カウアン), Ron Lewis.(ロン・ルイス)
キャラクターデザイン/Jack Davis.(ジャック・デイビス), Rod Willis.(ロッド・ウィリス)
ストーリー・ボード/Don Duga.(ドン・デュガ) ストーリー構成/Cherney Berg.(チャニー・バーグ)
レコーディング・スーパーバイザー(録音監督)/Bernard Cowan.(バーナード・カウアン)
ミキシング・エンジニア(整音)/Bill Dowding.(ビル・ドーディング),Bill Giles.(ビル・ジャイルズ),
                   Stephen Trohock.(ステファン・トロック)
サウンドエフェクト(音響効果)/Freddie Tudor.(フレディ・チューダー)
音楽(米国版)/Maury Laws.(モーリー・ローズ), Jules Bass.(ジュールス・バス)
脚本翻訳(日本語版)/上野利朗、古賀牧彦、森田るみ 美術/千葉秀雄
音楽(日本版)/小林亜星 日本語版主題歌:キングコング(作詞・作曲:小林亜星 歌:藤田淑子とハニーナイツ)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
声優(日本語版)/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)
           千葉耕市(イングルホーン船長)、槐 柳二(ドクター・フー)
声優(米国版)/Billie Mae Richards.(Bobby Bond),Susan Conway.(Susan Bond),
         Carl Banas.(Professer Bond),John Drainie.(Captain Englehorn)


Fri, 19 September 2008

1966 色彩TV漫画映画【世界の王者 キングコング大会】東映動画


1966.12.31(特別番組-パイロット版-放送)
【キングコング SPECIAL】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/古賀牧彦
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966. . Rollout!(詳細不明)
(作品完成日/1966.09.06 パイロット版米国放映の為)


【1966.12.31放送の特別番組『世界の王者 キングコング大会』(-パイロット版台本-キングコング SPECIAL)】…。
掲載の台本はアニメファンならご存知の「アフレコ用」台本です。
キングコングのアフレコ台本はすべてこのタイプになります。

 

1966.12.31(特別番組-パイロット版-放送)
【キングコング SPECIAL】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/古賀牧彦
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966. . Rollout!(詳細不明)
(作品完成日/1966.09.06 パイロット版米国放映の為)


【1966.12.31放送の特別番組『世界の王者 キングコング大会』(-パイロット版台本-キングコング SPECIAL)】…。
台本表紙には題名が印刷されていない…。台本は前編・後篇の2分冊。掲載の台本は左が「前篇」右が「後篇」です。
因みに掲載の台本はストーリーとセリフが掲載されたシナリオ台本であります。「アフレコ用台本」ではありませんのでお間違いなく。
しかし…題名無表記の表紙では内容までは把握できないですよねぇ…。タイトル決定前のものなんでしょうかねぇ?
個人的には…どうせ無表記にするなら『(仮題)キングコングの大冒険』や『(仮題)ひょっこりキングコング島』なんて
仮題ぐらい印刷しておいてほしかったんだけどなぁ…。研究資料的にもね…実にパイロット版らしい台本です。
…とは言っても…誰も…東映動画「キングコング」の台本研究なんてする人いないよねぇ…。
ボクぐらいなのかなぁ…。な〜んてね…。
Thu, 21 May 2009

1967 色彩TV漫画映画【キングコング】東映動画


1967.04.05(第1回放送)
【-第1話-「キングコング対アフリカの蜂(放映題:アフリカ蜂の襲来) 制作04⇒第2回放送用・第4話として制作」
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)、槐 柳二(ドクター・フー)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.03.04 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)


【-第1話-「アフリカ蜂の襲来】…。
当初の予定は第2回放送の第4話として制作された為、台本では第2話(第2回放送)の表記になっています。
Thu, 21 May 2009


1967.04.05(第1回放送)
【-第2話-「ドクター・フー(放映題:さらわれたキングコング)制作01⇒第1回放送用・第1話として制作」
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)、槐 柳二(ドクター・フー)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.08.09 Rollout!(初期完成ではなく改訂完成日掲載)
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)


【-第2話-「さらわれたキングコング】…。
当初の予定は第1回放送の第1話「ドクター・フー」として制作された。
アフレコ台本では当初第2話(第4回放送)として制作された「火山の下に(放映題:謎の火山帝国)」も同時掲載されている。


1967.04.19(第2回放送)
【-第3話-「ロケット島(放映題:ロケット島の陰謀) 制作03⇒第2回放送用・第3話として制作」
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)、槐 柳二(ドクター・フー)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.03.04 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)


【-第3話-「ロケット島の陰謀】…。当初の予定は第2回放送の第4話として制作された
「キングコング対アフリカの蜂(第1回放送・第1話/放映題:アフリカ蜂の襲来)」も台本に掲載されている。
Thu, 21 May 2009


1967.04.19(第2回放送)
【-第4話-「火山の下に(放映題:謎の火山帝国)制作02⇒第1回放送用・第2話として制作」
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)、槐 柳二(ドクター・フー)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966. 08 .09 Rollout!(初期完成ではなく改訂完成日掲載)
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)


【-第4話-「謎の火山帝国】…。
当初の予定は第1回放送の第2話として制作された。
アフレコ台本では第1話の放映予定だった「ドクター・フー(放映題:さらわれたキングコング)」も同時掲載されている。
Thu, 21 May 2009


1967.04.26(第3回放送)
【-第5話-「キングコング対ハンター(放映題:レーザー銃の恐怖)制作07⇒第4回放送用・第7話として制作」
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)、槐 柳二(ドクター・フー)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.04.25 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)


【-第5話-「レーザー銃の恐怖】…。当初の予定は第4回放送の第7話として制作された
「宇宙人(第3回放送・第6話/放映題:空飛ぶ円盤現わる)」も台本に掲載されている。
Fri, 05 August 2011

 

ひかりのくにテレビ絵本
【東映動画『キングコング』No.1「コングと狩人」より】
ひかりのくに昭和出版刊 昭和42年発行 定価130円


【ひかりのくにテレビ絵本・東映動画『キングコング』No.1「コングと狩人」】…。
1967.04.26(第3回放送)-第5話-「レーザー銃の恐怖(脚本題名:キングコング対ハンター)」の漫画絵本化であります。
レーザー銃でキングコングを狙うハンターとキングコングの対決が描かれたストーリーなのです。
(1967東映動画「キングコング」-第5話-『レーザー銃の恐怖(脚本題名:キングコング対ハンター)』より)
Wed, 17 December 2008


1967.04.26(第3回放送)
【-第6話-「宇宙人(放映題:空飛ぶ円盤現わる)制作08⇒第4回放送用・第8話として制作」
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)、槐 柳二(ドクター・フー)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.04.25 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)


【-第6話-「空飛ぶ円盤現わる】…。当初の予定は第4回放送の第8話として制作された
「キングコング対ハンター(第3回放送・第5話/放映題:レーザー銃の恐怖)」も台本に掲載されている。
Fri, 05 August 2011


1967.05.03(第4回放送)
【-第7話-「海底探検」/-第8話-「モンド島の恐怖(放映題:モンド島の危機)」】
1967.05.10(第5回放送)
【-第9話-「スフィンクスの恐怖」/-第10話-「嫉妬深い悪魔(放映題:ボビーのあやまち)」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.08.20 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)



1967.05.17(第6回放送)
【-第11話-「キングコング対ロボットコング(放映題:ロボット・コング)」/-第12話-「破滅の鏡(放映題:恐怖の反射鏡)」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.05.11 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)



1967.05.24(第7回放送)
【-第13話-「地球の頂上(放映題:大洪水の謎)」/-第14話-「黄金の神殿」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.05.14 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)



1967.06.07(第9回放送)
【-第17話-「キングコングの家(放映題:恐怖の探検旅行)」/-第18話-「よみがえった虎」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.06.04 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)



1967.06.14(第10回放送)
【-第19話-「巨大なナマケモノ」/-第20話-「砂漠の盗賊」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.06.07 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)



1967.06.21(第11回放送)
【-第21話-「ドクター・ボーン(放映題:怪人どくろ博士)」/-第22話-「雪男の秘密(放映題:雪男の謎)」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.06.29 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)



1967.06.28(第12回放送)
【-第23話-「ロック・ネス湖の怪物(放映題:ネス湖の怪物)」/-第24話-「コングの音楽会」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/森田るみ
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.11.08 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)



1967.07.05(第13回放送)
【-第25話-「潜水艦救助作業(放映題:潜水艦を救助せよ)」/-第26話-「ショー・ビジネス(放映題:大根役者のコング)」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.07.25 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)


 

ひかりのくにテレビ絵本
【東映動画『キングコング』No.2「コングと潜水艦」より】
ひかりのくに昭和出版刊 昭和42年発行 定価130円


【ひかりのくにテレビ絵本・東映動画『キングコング』No.2「コングと潜水艦」】…。
1967.07.05(第13回放送)-第25話-「潜水艦を救助せよ(脚本題名:潜水艦救助作業)」の漫画絵本化であります。
巨大な電気クラゲに襲われ沈没した潜水艦を救助するキングコングが描かれたストーリーなのです。
(1967東映動画「キングコング」-第25話-『潜水艦を救助せよ(脚本題名:潜水艦救助作業)』より)



1967.07.12(第14回放送)
【-第27話-「大魔王の最後(放映題:魔術大王の罠)」/-第28話-「機雷を背負ったいるか(放映題:危険なイルカ)」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/森田るみ
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.11.08 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)


 

ひかりのくにコミックス
【東映動画『キングコング』No.2「魔術大王」より】
ひかりのくに昭和出版刊 昭和42年発行 定価130円


【ひかりのくにコミックス・東映動画『キングコング』No.2「魔術大王」】…。
1967.07.12(第14回放送)-第27話-「魔術大王の罠(脚本題名:大魔王の最後)」の漫画絵本化であります。
さらに、「ネス湖の怪獣」も同時掲載しており2話分の漫画を楽しめる構成です。
この作品は、1967.06.28(第12回放送)-第23話-「ロック・ネス湖の怪物(放映題:ネス湖の怪物)」の漫画絵本化であります。
(1967東映動画「キングコング」-第27話-『魔術大王の罠(脚本題名:大魔王の最後)』より)
(1967東映動画「キングコング」-第23話-『ロック・ネス湖の怪物(放映題:ネス湖の怪物)』より)



1967.07.19(第15回放送)
【-第29話-「アテネの星(放映題:トロイの木馬)」/-第30話-「ボンド教授誘拐さる(放映題:消えたボンド教授)」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.11.15 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)



1967.07.19(第15回放送)
【-第29話-「トロイの木馬(別題:アテネの星/放映題:トロイの木馬)」/-第30話-「K.O.N.G.から来た男(別題:ボンド教授誘拐さる/放映題:消えたボンド教授)」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.07.28 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)


 

ひかりのくにテレビ絵本
【東映動画『キングコング』No.3「ダイヤどろぼう」より】
ひかりのくに昭和出版刊 昭和42年発行 定価130円


【ひかりのくにテレビ絵本・東映動画『キングコング』No.3「ダイヤどろぼう」】…。
1967.07.19(第15回放送)-第29話-「トロイの木馬(脚本題名:アテネの星)」の漫画絵本化であります。
巨大なダイヤモンドを狙うどろぼう一味とキングコングの対決が描かれたストーリーなのです。
(1967東映動画「キングコング」-第29話-『トロイの木馬(脚本題名:アテネの星)』より)



1967.07.26(第16回放送)
【-第31話-「大統領を救え(放映題:カリブの叛乱)」/-第32話-「ミサイル墜落(放映題:海底のミサイルを探せ)」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/森田るみ
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.11.15 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)



1967.08.09(第18回放送)
【-第35話-「夢に見た巨人」/-第36話-「キャプテン・コング」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966. . Rollout!(詳細不明)
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)


 
1967.08.16(第19回放送)
【-第37話-「アマゾンの自由の女神」/-第38話-「パンドラの箱」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本/ロメオ・ミューラー 脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966. . Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)


 
1967.08.23(第20回放送)
【-第39話-「パリを襲った大怪物(放映題:大怪物パリを襲う)」/-第40話-「砂漠にうずもれた都市(放映題:砂漠の黄金都市)」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本/ロメオ・ミューラー 脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.09.30 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)


 

ひかりのくにテレビ絵本
【東映動画『キングコング』No.4「大怪獣パリをおそう」より】
ひかりのくに昭和出版刊 昭和42年発行 定価130円



1967.08.30(第21回放送)
【-第41話-「大鷲飛行編隊(放映題:キングコング対大鷲)」/-第42話-「南国の陰謀」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966.10.03 Rollout!
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)


 

ひかりのくにテレビ絵本
【東映動画『キングコング』No.5「大わしをやっつけろ」より】
ひかりのくに昭和出版刊 昭和42年発行 定価130円


【-第41話-「キングコング対大鷲】…。
1966東宝NG台本『ロビンソンクルーソー作戦 キングコング対エビラ』よりキングコング対大コンドルの元ネタが
この脚本、東映動画版キングコング・第41話『キングコング対大鷲(脚本題名:大鷲飛行編隊)』なのです。
『ロビンソンクルーソー作戦 キングコング対エビラ』NG台本のキングコングからゴジラへ主役変更になり製作された
1966『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』では 「ゴジラ対大コンドル」の闘いとして登場しています。
(1966東宝映画『ロビンソンクルーソー作戦 キングコング対エビラ』未製作より)
Fri, 19 September 2008


1967.09.06(第22回放送)
【-第43話-「殺人者の迷路(放映題:死を呼ぶ迷路)」/-第44話-「ひとつ目の魔人(放映題:一つ目の巨人)」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)、槐 柳二(ドクター・フー)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966. . Rollout!(詳細不明)
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)


 

ひかりのくにコミックス
【東映動画『キングコング』No.3「ひとつ目の巨人」より】
ひかりのくに昭和出版刊 昭和42年発行 定価130円


【ひかりのくにコミックス・東映動画『キングコング』No.3「ひとつ目の巨人」】…。
1967.09.06(第22回放送)-第44話-「一つ目の巨人(脚本題名:ひとつ目の魔人)」の漫画絵本化であります。
さらに、「海底のミサイル」も同時掲載しており2話分の漫画を楽しめる構成です。
この作品は、1967.07.26(第16回放送)-第32話-「ミサイル墜落(放映題:海底のミサイルを探せ)」の漫画絵本化であります。
(1967東映動画「キングコング」-第44話-『ひとつ目の魔人(放映題:一つ目の巨人)』より)
(1967東映動画「キングコング」-第32話-『ミサイル墜落(放映題:海底のミサイルを探せ)』より)



1967.09.13(第23回放送)
【-第45話-「霧の中の怪物(放映題:霧の中の怪竜)」/-第46話-「白い巨鯨」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)、槐 柳二(ドクター・フー)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966. . Rollout!(詳細不明)
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)


Thu, 21 May 2009


1967.09.20(第24回放送)
【-第47話-「キングコングのダイヤモンド」/-第48話-「武器は錨だ」】
原案/ウィリアム・J・キーナン -KINGKONG ESCAPES-より
企画/アーサー・ランキン・Jr.、旗野義文
脚本(日本語版翻訳)/上野利朗
声優/藤田淑子(ボビィ)、堀 絢子(スーザン)、納谷悟郎(ボンド教授)、千葉耕市(イングルホーン船長)、槐 柳二(ドクター・フー)
日本語版制作/東北新社 録音スタジオ/番町スタジオ
1966. . Rollout!(詳細不明)
(作品完成日/1966.09.10〜米国放映開始の為)


【-第48話-「武器は錨だ】…。
宿敵ドクター・フーのロボット「キングコング対ロボットコング」の第2ラウンド…。
第11話「ロボット・コング」で負けた初代ロボットコングがドクターフーにより再登場しています。
Wed, 28 January 2009

Copyright(C) 1966-1967 RKO General, Inc. Videocraft Int'I., Ltd. All Rights Reserved.
Copyright(C) 1966-1967 TOEI ANIMATION Co., Ltd. All Rights Reserved.
Copyright(C)2017 Cyberkids1954 All Rights Reserved.




『電脳小僧の特撮映画資料室』通称:裏サイトも是非お楽しみ下さい!!
THE OTHER SITE!ジオログへアクセス!! Counter